労働条件通知書についてと追加アンケート

2017年の5月26日の沖縄タイムズの記事
https://archive.is/zWp7J
に、入管のビザ審査の厳格化で学生が減り、解雇された日本語教師のことがありました。記事中に「労働条件通知書を受け取った記憶はなく、自身の雇用形態は把握していなかった」とありました。この労働条件通知書を出さないのは沖縄だけのことなのか、日本語学校ではよくあることか、調べてみたいと考えツイッターで簡易アンケートをやってみました。期間は1週間です。2017年の5月26日まででした。

かなりの数の学校が労働条件通知書を雇用者に渡していないことがわかりました。追加的に一週間の期限を設けて、もう一問「それどこの学校ですか?」というのをお尋ねすることにしました。学校名とコメントだけで後は送信ボタンというものでした。以下のような但し書きをつけました。

ただし、匿名の投稿によるものであり、確実なものではないので学校名を公開するかどうかはわかりません。現時点では、今後、私共のブログやツイッターなどでの情報発信の際に(この学校は要注意だな…)というフィルターが増えるという程度かもしれません。例えば求人情報をツイートはしないとか、しても「労働条件通知書をきちんとくれるかはわかりません」と補足を追加するかも、みたいなことです。それでもよければご協力ください。

↓ 追加質問アンケートも終了しました。以下は、そのまとめです。

 

アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。超名門校、大規模校もあり、歴史や評判だけではわからないものだと感じました。集まった数が少ないので学校名の公表は控えますが、今後は求人などがあってもツイートしない、など「要注意学校」として、あたたかい目で見守っていきたいと考えてます。また、「日本語教師と法律:学習ノート」という記事に、労働条件通知書に関する説明と共に転載させていただきます。労働条件通知書は、黙ってても出すべきものなんですが、もらえなさそうだと思ったら「すみません、労働条件通知書は…」と訊ねましょう。そこで気持ちよく対応してくれないところは、長居すべき日本語学校ではありません。そのことがわかるだけでも、最初に訊ねておくのは大事です。学校も聞かれることによって「やっぱり出さないとだめかな…」と考えを変える可能性もありますし。

日本語教師と法律:学習ノート
http://webjapanese.com/blog/j/law/

このリンク先にも書いてありますが、ツイッターのアンケートについての説明を転載します。

ツイッターのアンケートというのは、ツイッターのアカウントを持っている人しか回答できません。このアンケートの期限は一週間、私どものアカウントをフォローしている人(アンケート実施時に1237人)の何割かが目にし、リツイートという機能によって、フォロワー以外の人の目にも触れるようになりますが、きちんと読む人は3割ぐらいかもしれません。で、参加してもよいという人が匿名でクリックして投票を行います。結果は修了時に公開されます。一度しか投票できませんが、誰でも投票できるので、この質問のように「**だけに質問します」と書いて行っても、投票者を特定できない以上、正確とは言えません。ただ、日常的に日本語教師向けにツイートをしているアカウントなのでフォロワーの方の日本語教育関係者の比率はかなり高いと思われます。いわゆるスパムフォローも定期的にブロックしてはじいています。「正確ではないが、質問によっては、そこそこ参考になるはず」と考えています。

LINEで送る
reddit にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。