Jobs

We are a freelance group that deals with publishing and not a corporate organization.
Our projects will be formed on a one project per book basis.
In addition to our main editorial staff, we have designers, translators, and narrators who are on royalty contract. We make books at low cost, then publish ebooks and paper editions in the U.S., Europe and other regions through online bookstores such as Amazon. We are a new type of publishing group that sells books that are related to Japan or Japanese language abroad.
Our projects are based on a self-supporting system and each individual will be paid by the job. (We will pay for the necessary costs for publishing.) Authors, translators and all other staff are based on revenue sharing, not on a consignment contract. We will draw up a contract when a project is approved. When all the relevant staff agree and sign a contract, the project begins.
You will be working in the online virtual office most of the time. Therefore, please note that we can only consider your application if you have good computer and online experience.
Please contact us for more details.

The rest of the information is written in Japanese.
(仕事では、以降の日本語の文章が読める日本語能力が求められます。仕事はネットを介したTexingだけです。書くのは英語でも大丈夫)

 


 

スタッフの募集に関して

 

概要

 

私どもは、webjapanese.com という日本語学習者のためのサイト運営及び、日本語教師の派遣、及び日本語教材の出版グループです。2010年から主に日本語学習者向けの教材やエッセイの本を製作しアメリカの自費出版会社を経由して海外のアマゾンなどのストア(米英その他欧州。来年から日本でも)で販売しています。法人ではありません。フリーランスのグループであり1999年よりオンライン上のオフィスで仕事をしております。本体のサイトのトップページはこちらで、出版部門のトップはこのブログです。

2011年に、観光用日本語会話集の本を、2013年に、同中国語版を発売。現在に至るまでご好評をいただき、発売後数年は、米アマゾンのジャンル別ランキングで(日本語学習、日本の観光関連ジャンル)上位をキープしていました。欧州でも電子、印刷版ともにアマゾンストア上で販売しております。

2015年にはエッセイを2冊、日本語教師向けデジタル入門の本をクリエイティブコモンズのライセンスで発売しました。(この出版サイト内にいろいろと情報があります)

 


 

電子書籍やプリントオンデマンドで出版するのは初期コストがほとんどかかりません。この身軽さは、作りたい本があり、一般読者に広く読んで欲しい本を出版したいと考えた時に、最大の武器になります。そこで、本の製作に関わる人達は、もちろん私どもも含め、売上げがあれば報酬を得られるという形で契約をして、1冊ごとにプロジェクトを組み、その本を作ってみたい、出す価値がある、可能性がある、そしてもちろん売れる見込みがあり、仕事の対価を回収できる見込みがあると考えた人達が参加して本を作る、という形をとっています。

1998年からウェブで日本語の教材を作ってきました。例えば、教材の出版の場合、音声ファイルは私たちで制作しています。ウェブでのサポート(画像、動画を駆使したウェブで出来るいろんな仕掛け等々)は私どもの得意分野だと思います。紙の本、電子、Web版を同時に作り、それぞれの強みを生かして、かつCCのライセンスで配布、という試みもやっています。出版と共にウェブとの連動でこういう展開をしたいという企画などもお寄せ下さい。(教材の場合、必要な音声制作は私どもの負担で作ります。動画もご協力いただければ作ります)

プロジェクトは、案の段階からスタッフ内で公表されます。もちろん「今回は私はパス」と言うことができます。

装丁やイラスト、音声はギャランティー対応であることが多いです。また翻訳者の方もギャランティーとロイヤリティーの組み合わせの契約です、その他のスタッフは、版元である私共も含め、原則として、すべて、ギャランティー無し、ロイヤリティのみでの契約です。

また、作品の権利は著者にあり、私どもは販売権を最初の5年間は独占的に所持しますが、その後は更新契約です。著者のみが出版後5年を経過すればすべての権利を買い取ることができます。著者を拘束しない形を考え、こういう形にしました。もちろんスタッフとして仕事をする、あるいは翻訳者として登録する際に自己負担などは一切ありません。

プロジェクト参加は企画をみて決めて頂き、まずは著者をはじめすべての参加者が契約書を交わしスタートという形式です。売上げは、電子書籍も印刷本もアマゾンが提供するプロジェクトページで報告されますので、その売上げデータを添付して、報告、お支払いをします。契約者は、希望があれば、プロジェクトページの売上げアカウントを閲覧することができることになっていますので、部数や売上の透明性は100%確保されています(売上げが記録、報告されないルートでの販売はいたしません)。

 アクセシビリティに関しても、積極的にチャレンジしていきます。キンドルでの発売も基本的にはDRMフリーです。クリティブコモンズ付きの書籍の販売や、サポートサイトの活用も、音声ファイルの配布だけでなく動画やWikiなどいろいろと可能性を考えていきたいと思います。

 スタッフ紹介はこちらに (プロジェクト単位で募集し、プロジェクト終了後に解散しますので常駐スタッフはわずかです。できればもう一人、編集&プロデューサーがいればと考えていますが、増えても5人までと考えています)。
http://webjapanese.com/books/about-us/?lang=ja

 


 

募集しているポジションなど

 

基本的にすべて、国籍不問です。仕事は日本語で進めますが、日本語ネイティブでなくても、N2レベルの読みできれば大丈夫です。やり取りは、ほとんどTexingで、たまにスカイプで会議をするかどうか、なので、大事なのは「読み」です。書くのは英語でもOkです。従って、日本語ネイティブの方は、英語を辞書をひきながらでも読めることが条件になります。

本作りの専門知識、私たちもありません。専門用語知りません。校正記号もほぼ使いません。本を作り、世界中のアマゾンで売るということが面白いと思う方であれば、経験なども不問です。ただし、すべての仕事をネット上で行います。オンライン上のOfficeで全体の流れなどを議論し、GoogleDriveで原稿のやり取りをします。日常的に、ネットで連絡が取れることはもちろん、扱うデータは、PDF、ePubなどなので、セキュリティ上も、いちおデジタル文書の扱いができる、あるいは覚えることができることが条件です。

 

編集スタッフ

 

いちお登録して、やりたいプロジェクトであれば参加する、という形の編集スタッフを、日本語ネイティブで一人、英語ネイティブで一人募集しています。仕事のやり取りはすべてオンラインでTexingのみなので、英語ネイティブの方は、日本語能力は読み書きがN2レベルでできれば大丈夫です。(書くのは英語でもOK)、日本語ネイティブスタッフは辞書ひきながら英語がよめればOKです。

通常、ひとつのプロジェクトでは編集スタッフは2人です。一人はプロデュースを兼ねているチーフの編集スタッフ、もう一人はそのリーダーの元で仕事をする編集スタッフです。チーフ一人でやる場合もあります。仕事は、企画、立案から、著者選考、コンタクト、原稿のチェック、校正、DTPとのやり取りなどです。必要に応じて、イラスト、音声、翻訳などの手配(場合によっては0から探しセレクションをすることも)もします。基本、本作りに必要な仕事すべでです。

最低、週4日連絡がとれること(定休を事前に登録していただきます)、長期連絡がとれない場合は事前にスケジュールとして登録することが、条件です。長期休暇ばかりとなると、やはり困ります。いちお仕事の忙しい時期は時間は融通していただきます。

常駐スタッフではない、プロジェクト単位での編集スタッフも募集することもあります。これはプロジェクトごとに「こういう本を作ります」と募集をかけます。

 編集スタッフもロイヤリティ契約です。最初は編集補佐(5%)としてご参加いただきます。チーフとして一人でやる場合など、仕事の重要度、負担によって上限15%まで設定します。ただ、はじめてご参加される編集スタッフの方は、まず編集補佐というポジションからスタートです。最初の最大三ヶ月は試用期間です。連絡がとれない、報告がない、仕事の期限を守っていただけない、仕事のパフォーマンスに問題がある、結果、プロジェクトの進行にとって支障が起きると判断した場合は、その時点で仕事の契約は解除で、2%のその版のみのロイヤリティ契約か、ギャランティーでのお支払いかを選んでいただきます。(多くても1万円程度しかお支払いできませんので、なるべく早い段階で判断するよう心がけていますが、三ヶ月は通常のプロジェクトの長さからすると期間で3割程度です)ご了承ください。

 特に常駐編集スタッフだからといって、プロジェクトの外では仕事はありません。ただ、関与しないプロジェクトであっても「原稿読みに二度(最初の段階での感想と最終段階での校正チェック)参加する、時間的に無理ならやらなくていい」というユルいルールはいちおあります。

 

営業スタッフ

 

原則として言語圏(英日中は簡体字圏、繁体字圏で合計4つ)ごとの契約で、基本ロイヤリティ5%です。日本語と英語、など兼任可能です。リアル書店での販売はないので、基本、SNSやネットを活用しての宣伝、広告が主ですが、モニター的な読者を探したり、イベントを企画したり、いろんな情報収集なども自主的にやれて、ネット時代の広告の形を共に模索してくださる方、きちんと報告してくださる方。売上げをみて契約更新という形ですが、できれば長期的に一緒にやれる方がいたらいいなと考えています。

 

原稿の事前チェック&審査(日本語、英語)

制作段階で、原稿を読んでいただくお仕事です。守秘義務契約にサインしていただいた上で、事前に用意した質問に回答をいただきます。市場調査的な感想レベルのものから、構成に関するご意見などやや高度な質問もあります。英語では作品の下読みではなく、翻訳者選定の場合の表現の妥当性などの簡単な審査(点数をつけたり)の場合もあります。

一件あたり3000~5000円のギャランティー設定です。10万字を越える作品の下読み的なものは、字数に応じてプラスαがあります。

 

以上の件に関するお問い合わせは以下のフォームからお願いします。

お名前 (必須)

email アドレス (必須)

上のメールアドレス以外の連絡方法
予備のメールアドレス、Facebook,Twitterなど。

メッセージ

captcha
上の文字を下の空欄にタイプしてください。
>

webjapanese 代表 荒牧浩太
Mail : kouta アット マーク webjapanese.com

 


 

以下は、より詳しいページがあり、具体的な条件、金額などを書いています。そこに別途問い合わせフォームもあります。ページを閲覧するにはパスワードが必要です。上のフォームで「閲覧希望」とお送りください。

 

著者の方、持ち込みなど

少し詳しい説明を書きました。(基本的に日本語周辺の本を作っていますのでその範囲で)
http://webjapanese.com/books/about-us/jobs/writer/

 

装丁、イラストなど

装丁やイラストなどは、その都度、探します。こちらはギャランティー契約が主です。詳しくはこちらをご覧ください。
http://webjapanese.com/books/about-us/jobs/design/ 

翻訳

翻訳の他に、翻訳チェックのお仕事もあります。詳しくは以下を。

http://webjapanese.com/books/about-us/jobs/honyaku/

 


 

こういう本を書いて下さる方を募集しています。

 

いろいろ企画はあり、時にはこちらからお声がけすることもありますが、やはり「書きたい」という方が応募してくださるとありがたいです。「著者が揃うなら」というものを試みとして書いてみます。

 

対象言語別日本語の教え方のシリーズ 英語、中国語、ベトナム語…

中国語(繁簡)、ベトナム語、インドネシア語、英語、でとりあえず作りたいです。ネパール、タガログ、ポルトガル語も考えています。

国内の日本語学習者の母語も多様化してきました。これまで日本語教育がターゲットにしてきたのは留学生が主でしたら、今後はEPAや技能実習生なども視野にいろんなゴール設定の学習者に教えるスキルが求められます。
このシリーズは「コツの伝授」というようなものではなく、これから特定の言語圏の学習者を教える際に、どういう勉強をして、準備をしていけばいいか、どこに注意をすればいいかという、教師自身が学習していく際の指針となるような読み物を作りたいと考えています。

書き手の条件としては

・少なくとも10年程度(少なくとも授業時間数で1万時間以上)の教授経験があること。
・その言語で最低でもN2程度の能力があること。
・多様な学習者を相手に教えた経験があること。
・特定の教科書に準じた教え方、ソリューションではない方法を提案できる方
・スパルタ的なものではない、試行錯誤、検証をしてきた方。
・関連論文に目を通していること。

著者は一人、もしくはグループならば主著者となる方が必要です。

まずは、その言語の特徴、学習者としての特徴、その国、地域の教育制度など、学習者の外国語学習のモチベーションがどこからくるのか、どのくらい温度差があるのか、みたいなことも重要です。「これが正解の教え方だ!」というものではなく、「私はこういう試行錯誤をしてきた」というスタンスで書いていただければと思います。「これはうまくいかなかった」「これはやや効果があった」「一般的に正解とされているAという教え方よりBのほうがいいかも」「媒介語での説明のほうが早道なもの」などなど。

ネット上にどういうリソースがあるか、どういう参考文献があるかなども大事です。新書ぐらいのボリュームで日本語教師が買いやすいように、安く(基本、電書で1000円以下、できれば500円前後で)価格も設定したいと思います。またサポートサイトでは、画像、音声、動画などを使ってやれます。イラスト、日本語の音声までは、こちらで提供できます。販売の際のライセンスもDRMフリーやクリエイティブコモンズなどいろんな選択肢があります。

ロイヤリティは、30~40%です。詳細は、著者の方のページなどもご案内しながらになりますので、上のフォームで「書いてみたい、著者のページのパス送れ」とお知らせください。自薦、他薦なんでもかまいません。他薦をいただいた場合は、こちらからコンタクトしてみます。

 このシリーズは、教える可能性がある日本語教師に対する最初の紹介本という趣きです。もちろん、文字数考えずに、言語別の教え方のノウハウを詰め込んだリフェレンスというのも作ってみたいのですが、それは、この本とは別に、数年かけて作りたいなと考えてます。

 

 

FAQ

 

□ プロジェクトの長さ、拘束時間

→ 原稿が揃えば、半年、一年で出版まではいけますが、企画段階からですと、数年かかることもあります。忙しい時期もあれば、原稿が出るまで何もない時期もあります。最も忙しい時で、数万字の原稿を一週間くらいでチェックする、というところでしょうか。こういう仕事をする時期が半月から一ヶ月あり、それが終わったら(次の校が来るまで、数ヶ月は待ち、ということがよくあります。余計な時間的拘束はありません。必要な時に必要なことをしていただければOKです。

 

□ 正式契約はいつ?

→プロジェクトがスタートした時点で編集スタッフ以外の方は契約書を交わします。まず条件を提示し、合意が得られたら契約を交わしプロジェクトをスタートするという手順です。ギャランティー契約の場合は、少額の場合は先払い、5万円以上の場合は半額以上を契約時に、残額を納品時にという契約が多いです。

 


 

2016年 夏
webjapanese及びwebjapanesebooks代表
荒牧浩太


Comments are closed.