Nihongo kyooiku SAKUSAKU

Nihongo kyooiku SAKUSAKU 日本語教育サクサク

SAKUSAKU_kiso600
SAKUSAKU_jiritsu600

 画像をクリックすると拡大します。 

kindleストア(基礎編)
日本西

kindleストア(自立編)
日本西

Japanese

この本は、メールのチェックはできる、ホームページも時々見る、でもそこまで。という人達に向けて作ったパソコンとネットの活用の本です。基礎編と自立編があります。

あまりIT関係が得意でない人が多い日本語教師をモデルに「デジタル教材の作り手になる」をゴールに想定して書きました。日本語教師の方はもちろん、地域の日本語教室や日本語の学習が必要な人がいる職場、学校で仕事をする方、そして、日本語教育に関わりがなくてもパソコンやネットをもっと活用したい!という人には必ず役に立つと思います。

基礎編のゴールは、検索やツイッターなどを使ってネットで情報収集ができるようになること。そして、自立編のゴールは、電子書籍を自費出版したり、動画を作って、ネット上でシェアしたり販売したりできるようになることです。いろんな仕事で、いろんな応用が可能です。

 


 

3つの特徴

 

この本が従来のものと大きく違うところは3つあります。

1:具体的なことはググって!

ひとつは、特定のソフトの使い方などをそれほど詳しくは説明していないことです。何かをやりたい、何かを作りたいとなった時に「こういう方向でやればいい」ということを示して、それに必要なソフトの紹介、使い方は「だいたいこんなカンジ」ということだけ説明しました。

「ググればわかること」「最新情報を探したほうがよいこと」はほどほどに。「ググってもわかりにくいこと」を重点的に書きました(そのかわりに、検索のやり方は基礎編でじっくり説明しています。また「このワードで検索すると近道」という語も各項目で紹介しています)。また、時々カメラを切り替えるように「俯瞰でみた全体像」も意識して書いたつもりです。これもググっただけでは気づきにくい部分なので。

書籍版は基本的な理解中心なのでイラストや図版などはほとんどありません。それは2つめの特徴に繋がります。

2:無料(CC BY NC SA 4.0)のWeb版で確認できる

ふたつめの特徴は、紙の書籍版と電子版、Web版の3つのバージョンがあり、紙の本と電子書籍版は有料ですが、Web版は無料で閲覧できることです。できるだけ多くの人に、効果的に学んでもらうため、こういうやり方にチャレンジしてみました。

Web版は、このbooks内にあります。メニューからも行けます。URLは

基礎編
http://webjapanese.com/books/online/sakusakukiso/
自立編
http://webjapanese.com/books/online/sakusakujiritsu/
です。

基本となる内容は同じですが、記述や説明方法などはそれぞれのフォーマットに最適化しています。紙版は文章でじっくり概要やコンセプトを説明しています。電子書籍は、それに加えてURLがあり、Web版では、画像や動画、サンプルなどをたっぷり使って説明しています。
紙の本と電子書籍には、Web版の同じページのURLが書かれていて、画像や動画、サンプルを参照しながら確認することができます。書籍とWebページが連動しています。

書籍版の見出しには、#030204 というナンバーがあり、上のURLの末尾にこれを入れると、Web版の同じページに飛ぶことができます。(例えば、#030204のナンバーの意味は、3章の2節の4番目の記事、という意味です)

私達が出すパソコンやネットの使い方の本は、おそらく、これが最初で最後ですから、なるべく長く使い続けられるように、書籍版はもちろん、Web版は、今後、可能な限り新しい情報に更新していきます。書籍版を購入した方は、Web版を参照することによって、常に新しい情報を確認することができる、というわけです。パソコン活用のタグイの本はすぐに古くなってしまう弱点をこれでかなり克服できるのではないかと思います。

3:フリーの素材がある

また練習用の素材として、CC BYで、自由に使える写真700枚以上と894個(2016年夏現在)の日本語の単語と簡単なフレーズの音声ファイル、いくつかの動画素材を配布します。この素材だけで簡単な日本語のデジタル教材なら作れるはずです。自由にダウンロードして、練習に、また、好きなように改造して、自分のものとして活用してください。

画像ファイルは1998年からコツコツと撮ってきたものです。音声ファイルは、私どものサイトのコンテンツと書籍用の音声ファイルとして、日本語学習用にプロのナレーターの方とひとつひとつ作ってきたものです。日本語学習者向けに作られた素材アーカイブとしてはかなり大きなものになると思います。(もちろん、今後、追加していきます)

https://goo.gl/slSSc9

 

内容は?

 

基礎編は、Googleのサービスを使いこなしてみよう。また、ツイッターでネット社会を覗いてみよう、そして、タブレットでこれからの主流になる新しい操作の方法も体験してみよう、という内容です。アカウントの作り方の注意点なども書いています。

基礎編

・簡単な検索のコツ
・ハードやソフトのこと
・メールアドレスを4つとる
・実名と匿名を使い分ける
・Googleのサービスを使いこなす
・ネットの情報収集を自動化する

・日本のネット社会を知る。
・ツイッターの使い方
・日本のネットに住んでいる「いろんな人達」
・タブレットで再スタート

自立編

自立編は、何かを作ってみよう。そしてそれをネットで配布したり売ったりしてみよう、という内容です。一見難しそうだけど、実は、専門知識は不要で、ちょっとした努力でできることを書いてみました。何かを作って販売するまでに必要ないろんな手続きから、ネット上で音声や翻訳をしてくれる人を探して、交渉し、契約するまで、やり方や注意事項など、実体験をまじえて具体的に細かく書きました。

・PDFで配布する。
・電子書籍を作って売ってみよう
・動画を作ってネット上でシェアする方法。
・日本語レッスン動画の作り方
・自分のサイトを持つとできること。
・ネット上でフリーランスの人に依頼してみよう。
・自動校正、コピペを見破る、など使いこなしたいソフトの紹介。
・教育関係のネットのサービスってどんなものがある?などなど。

 

それぞれのライセンス

 

印刷版のライセンスはCC BY NC 4.0 です。商用目的でなければ研究会や勉強会などでご利用の際はコピーして使うことができます。コピーしやすいよう、A4に近いサイズで作りました。最もそういう用途に向いたバージョンであるとも言えます。
電子書籍版はDRMフリー、Web版のライセンスは、CC BY NC SA 4.0 です。ライセンスの説明は、クリエイティブコモンズのサイトを参照してください。

 

価格など

 

・電子版の日本のストアの価格は、2016年中は、基礎編は500円、自立編は400円です。(定価は基礎編700円、自立編500円です)

・米アマゾンストアの価格は、基礎編は6.99ドル、自立編は、4.99ドルです。日本以外のストアはこのドルの価格を基準に各国の通貨で価格が設定されます。米アマゾンでは、印刷版を買った方は無料で電子版が購入できます(これはアマゾンの kindle match bookというサービスを利用しています。日本のストアで適用されるかはわかりません)。

・印刷版の発売は秋を予定しています。

・アマゾンのプライム会員向けのレンタルプログラムに参加しています。

・アマゾンジャパンの kindle unlimitedに対応しています。

 

道具として活用してください!

 

この「日本語教育サクサク」は、日本語教師の方や日本語学校の関係者などにとって、まず「あそこに書いてあることが分かってから」と「とりあえず読んでおく」ものになるよう、改良を続けていくつもりです。

ネットに接続しなくても読めて、タブレットやスマホなどで携帯したい方は電子書籍版を。紙の本で読みたい方は印刷版を、買ってください。
Web版を読んで、だいたい知ってるよ、でも、いいものだ、と思ったら、パソコンが苦手な人にプレゼントしてあげてください。

あなたが何かを作ってみたいという人なら、すぐ役に立って、パソコンを起動して、手を動かしたくなると思います。ぜひこの本を道具として使いこなして、どんどんネット上にあなたの作ったモノを公開してください!

ご指摘、ご指導、ご提案、よろしくお願いします。ご意見は、About usのフォームかツイッターで直接リプでもかまいませんし、#日本語教育サクサク を入れてツイートしてください。週1くらいで、ツイートを探します。

 

ご購入は

 

書店では買えません。普段ご利用されている国のアマゾンのストアの書籍ページに移動してご購入ください。

電子書籍(Kingle版)

□ 基礎編

16082800_Kiso150

電子書籍は、日本のアマゾンのページはこちらです。その他、各国(西カナダブラジルメキシコインド)のアマゾンストアで購入できます。

□ 自立編

16082800_Jiritsu150

電子書籍は、日本のアマゾンのページはこちらです。その他、各国(西カナダブラジルメキシコインド)のアマゾンストアで購入できます。

印刷版

2016年秋に発売予定です。

Web版 (online edition)

上のメニューのOnline editionからも行けます。

基礎編
http://webjapanese.com/books/online/sakusakukiso/

自立編
http://webjapanese.com/books/online/sakusakujiritsu/

 


 

スタッフ

 

著者

Web Japanes 編集部 
荒牧 浩太

Cover Art

Junko Nakahira なかひら じゅんこ
http://nakahirajunko.com/
https://twitter.com/bilibilijunko

DTP desingner

Minoru Nagai 永井 實

Editor

Web Japanese 編集部 

 

 


 

English

 

Nihongo kyooikku SAKUSAKU

 

This book is written in Japanese. You can buy this from any Amazon store in the world, either as an e-book or printed edition.

This is a book for how to use PCs and the internet, designed for people who can use email and browse the internet, but that is all. Basic editions and self-help editions are available. The goal is to become a creator of digital materials and distribute or sell on the internet.

It is written in Japanese and aimed at Japanese language teachers. It will be extremely helpful for teachers who make materials at school.

The book is available in three editions – printed, ebook and web editions. The printed and the ebook editions are available to purchase, but the web edition is free for browsing under license CC BY-NC-SA. We have tried this way so that as many educators as possible will be able to learn effectively.

The URL for the web edition is
http://webjapanese.com/books/online/sakusakukiso/ 
http://webjapanese.com/books/online/sakusajiritsu/
.

For more details, please see our support page.

 


 

Kindle edition 

Kiho-hen

16082800_Kiso150

Now available at Amazon: | Japan | U.S. |the United Kingdom | Australia | Germany| France | Spain | Italy | Canada | Brazil | Mexico | India |

Jiritsu-hen

16082800_Jiritsu150

Now available at Amazon: | Japan | U.S. |the United Kingdom | Australia | Germany| France | Spain | Italy | Canada | Brazil | Mexico | India |

 


 

Online edition


Kiso-hen

http://webjapanese.com/books/online/sakusakukiso/

Jiritsu-hen
http://webjapanese.com/books/online/sakusakujiritsu/

 


 

Staff

著者

Web Japanes 編集部 
荒牧 浩太

□ Staff

Cover Art
Junko Nakahira なかひら じゅんこ
http://nakahirajunko.com/
https://twitter.com/bilibilijunko

DTP desingner
Minoru Nagai 永井 實

Editor
Web Japanese 編集部 

 


Comments are closed.