加熱性水産加工食品製造業

関連ページ: 技能実習制度

加熱性水産加工食品製造業

JITCOの定義

節類製造

魚体をラウンドあるいは、縦に二分又は四分したものを煮熟、焙乾、かび付け、切削し、製品である節類を製造する作業をいう。節類とは、魚体を縦に二分又は四分したものを煮熟、焙乾後あんじょう(放冷)したものをいい、生利節(縦に分割した魚体を煮熟した後、表面の水分を乾燥したもの)、荒節(生利節を繰り返し焙乾したもの)、枯節(荒節の表面を削り整形した後、かび付けしたもの)等の総称である。

jitco_節類製造.pdf

加熱乾製品製造

魚介類(加工原料)を加熱後、乾燥させることにより貯蔵性を付与した加熱乾製品を製造する作業をいう。加熱乾製品とは、魚介類を煮熟後乾燥させたものの総称である。

jitco_加熱乾製品製造.pdf

調味加工品製造

魚介藻類又はその乾製品に調味液を加え、味付けを行って調味加工品を製造する作業をいい、さらに貯蔵性を高めるために、煮つめたり、乾燥機、焙焼機等による乾燥を行って調味加工品を製造する作業をいう。調味加工品とは、魚介藻類を加工段階で調味及び加熱処理を施し、貯蔵性を高めたり、風味を付与したものの総称である。

jitco_調味加工品製造.pdf

くん製品製造

くん材を用い、その周辺に魚介類を置き、煙でいぶし乾燥させ、くん製品を製造する作業をいう。また、調味くん製品製造は魚介類を調理・調味して、高温で短時間くん乾して、くん製品を製造することをいう。くん煙の温度により、貯蔵を目的とする「冷くん法」と調味(及び風味付け)を目的とする「温くん法」がある。くん製品とは、材料(魚介類)にくん煙をかけて貯蔵性を高めたり、風味を付与したものの総称である。

jitco_くん製品製造.pdf

水産加工食品製造業 技能評価試験 https://exam.zensui.jp/index.html

—–




研究

  • 加熱性水産加工食品製造業.txt
  • 最終更新: 2022/09/29 05:56
  • by webjapanese