jslカリキュラム

関連ページ:日本語に関する指標いろいろ | 日本語教育の参照枠 | 就労場面で必要な日本語能力の目標設定ツール | 日本語教育機関の抹消条件の A2 | JF生活日本語can-do | 日本語教育の標準的なカリキュラム | JF日本語教育スタンダード | やさしい日本語 | JSLカリキュラム

JSLカリキュラム


小中学校における日本語教育は90年代から文科省と日本語教育学会がJSLカリキュラムとして行ってきたこともあり論文など研究は多い。「年少者」「児童」という言葉で表現されることが多い。「外国につながる子供」は比較的論文に多く、メディアでは2015年ごろから「外国にルーツを持つ子供」という呼び方も増えてきた。

JSLカリキュラム開発の基本構想
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/clarinet/003/001/008/001.htm

外国人児童生徒のためのJSL対話型アセスメントDLA:文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/clarinet/003/1345413.htm

外国人児童は国語とは別に設定されている。

小中学校

帰国・外国人児童生徒教育情報:文部科学省
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/clarinet/003.htm

高校

小中高の外国人児童の日本語支援に関しては、小中はある程度整備されていた(ので論文も多いが)高校の支援は2010年代後半に始まったばかり。

https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/166/index.html\高等学校における日本語指導の在り方に関する検討会議:文部科学省

-年少者日本語教育における「日本語 能力測定」に関する観点と方法

かつての大検。留学生の基準ともなる。「高等学校卒業程度認定試験 国語」で検索すれば対策サイトなどで、過去問、類問がたくさん出てきます。

高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定):文部科学省
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/

過去問の解答がある文科省のページ




研究

  • jslカリキュラム.txt
  • 最終更新: 2022/12/29 20:51
  • by webjapanese