にほんごの本

This is a section for books written in Japanese.

にほんごの本の概要

私達は言語に関する書籍を主に作っている出版グループです。今のところ日本語、英語、中国語の本を作り、電子版は、日、米、英、豪、独、仏、西、伊、カナダ、ブラジル、メキシコ、インドのアマゾンストアで、印刷版は今のところ、日、米、英、独、仏、西、伊、カナダのアマゾンストアで販売しています。価格は電子版が500~1000円、印刷版は1000~2000円(為替により変動します)です。

日本語、英語、中国語で書籍を出版しています。日本語の本の数が一番多く、一般書、教材の他に、統一装丁の選書とブックレットがあります。印刷版の本のサイズは米国で一般的な5.06インチ x 7.81インチ(12.85 x 19.84 cm)のペーパーバックです。アマゾンのPOD(プリントオンデマンド)システムで作られます。

電子書籍は専用のハードがなくても、パソコンやタブレット、スマホがあれば、無料のアプリで読むことが出来ます。

👉 米国の自費出版会社を通じて、世界中のアマゾンストアを中心に販売をしてる関係上、印刷版の価格はドル連動なので、為替レートによって変化します。

3つのラインナップ

選書

知的好奇心にしっかり応えていく本格的な書籍を提供していく、というのがコンセプトです。著者はすべて大学の研究者などその道の専門家です。文字数は10~15万字で新書と同じくらいです。

ブックレット

ブックレットは「小冊子」という意味です。選書よりもより幅広い層に向けて作る入門書が中心です。5万字強の新書の半分くらいの文字数。基本的に電子書籍のシリーズですが、印刷板を作ることもあります。日本語教師のための独習シリーズである日本語教師読本シリーズなどがあります。

一般書

海外滞在記やエッセイなどの読み物が中心です。想定は書籍によって違います。