Jobs

    We are a freelance group that deals with publishing and not a corporate organization.
    Our projects will be formed on a one project per book basis.

    In addition to our main editorial staff, we have designers, translators, and narrators who are on royalty contract. We make books at low cost, then publish ebooks and paper editions in the U.S., Europe and other regions through online bookstores such as Amazon. We are a new type of publishing group that sells books that are related to Japan or Japanese language abroad.

    Our projects are based on a self-supporting system and each individual will be paid by the job. (We will pay for the necessary costs for publishing.) Authors, translators and all other staff are based on revenue sharing, not on a consignment contract. We will draw up a contract when a project is approved. When all the relevant staff agree and sign a contract, the project begins.

    You will be working in the online virtual office most of the time. Therefore, please note that we can only consider your application if you have good computer and online experience.
    Please contact us for more details.

    The rest of the information is written in Japanese.
    (仕事では、以降の日本語の文章が読める日本語能力が求められます。仕事はネットを介したTexingだけです。書くのは英語でも大丈夫です)

     


     

     

    スタッフ募集 日本語版

     

    概要

    私たちは、webjapanese.com という出版グループです。元々、東京を中心に日本語のプライベートレッスンを提供する日本語教師のグループでしたが、2010年からアメリカの自費出版会社を経由して海外のアマゾンなどのストアで販売しています。法人ではありません。フリーランスの集まりです。

    日本語だけで出す本もありますが、出版する本すべて、日本だけでなく海外のアマゾンにも並びますので、海外の読者もターゲットにした本作りをしています。国、言語、年齢を問わず、読んだ人がまた次の本を読みたくなるような、読者の好奇心を開拓できる本を作り、中高生でも買える価格で提供していきたいと考えています。

    私達は1999年からオンラインオフィスで仕事をしてきました。現在は、このサイトを母体にして、執筆、翻訳、原稿の修正などの作業もすべてオンライン上で行っています。ひとつの本でひとつのプロジェクトを作り、slackとGoogleDriveを軸にスケジュールを立てて進めます。著者、翻訳者はもちろん、スタッフもオンラインでの作業なので、決まった拘束時間はなく、スケジュールにしたがって、空いた時間にしっかり仕事をすればOKです。通常なら半年から1年でプロジェクトは終了します。

     

    レベニュー(ロイヤリティ)契約

    私達は法人ではなく、フリーランスの集まりです。著者だけでなく本作りに関わる編集、DTP、翻訳などの主要なスタッフも、報酬は売り上げから決めた比率でシェアするレベニュー契約(印税 / ロイヤリティ契約とも言います)です。事前に配分の比率を決め、契約書を交わしスタート。出版後、毎年、売り上げ報告と共に振り込まれます。

    スタッフはプロジェクトの企画段階で説明をみて「このプロジェクトは可能性がある」というものに挙手して参加する、という形です。

     

    透明性

    もちろん著者だけでなく、スタッフとして仕事をする、あるいは翻訳者として登録する際も、金銭的な自己負担などは一切ありません。印刷版の本もPOD(Print on demand)方式です。提供していただくのはスキルと時間のみです。

    電子書籍も印刷本もアマゾンが提供するプロジェクトページで報告されますので、その売上げデータを添付して、報告、お支払いをします。契約者は、希望があれば、プロジェクトページの売上げアカウントを閲覧することができることになっていますので、部数や売上の透明性は100%確保されています。

     

    日本以外の国もターゲットです

    言語

    アマゾンの電子書籍は、現在、言語は英、日、西、独、伊、仏、葡、蘭語などに対応しています。他の言語は、別のストア(Lulu楽天など)で出すこともできます。印刷版ではどんな言語でも出すことができます。

    販売する国と地域

    並ぶストアは、アマゾンだと、日、印、米、英、独、仏、西、伊、蘭、伯、加、墨、豪で、楽天だと台湾や東南アジアなども加わります。多言語展開する書籍の場合は、基本的に英語か日本語で出すことを前提に企画をたて、売上げがあれば、多言語に展開していくことにしています。最初からこれは英語とスペイン語では作ろう、とか、これは中国語版を作るという前提で始めることもあります。
    まずは日本語で出して、ある程度の売り上げがあれば英語版も作ろう、というケースもあります。

    これまで

    2011年に、観光用日本語会話集の本を、2013年に、同中国語版を発売(現在は改訂中)。現在に至るまでご好評をいただき、発売後数年は、米アマゾンのジャンル別(日本語学習、日本の観光関連ジャンル)ランキングで1位になりました。

    2017年には、実験的に、CCライセンスの書籍、日本語教育サクサクを販売。2019年には日本語学習者予備軍向けのNihongoを日本語英語同時出版。日本語教師読本シリーズをスタートしました。

     


     

    現在募集しているポジションなど

    法人ではなくフリーランスの集合体なので、他の仕事や研究などと掛け持ちでかまいません。仕事は100%ネットで進めますので、ネットにアクセスできて、持ち場で必要な仕事さえしてくださればOKです。以下、説明をお読みになって、一番下のフォームからお申し込みください。ご応募いただいた方に、最初に簡単なテスト(Google Drive上の原稿を読んでコメントをつけるだけです)のようなものをさせていただきます。ご了承ください。

     

    編集者、プロデューサー兼編集者

    法人ではなくフリーランスの集まりによるプロジェクトベースで主に言語に関する本を作っています。核になる常駐スタッフで企画を作り、編集、翻訳など参加者を募って必要な人が揃ったら契約を交わしてプロジェクトスタートです。

    専門知識はまったく不要ですが、ある程度デジタル方面(Google Drive、slackなどを使います。電子書籍、画像などの活用、サポートサイト作りもやります)に対応できる知識があり、本を読むのが好きな方でないと難しいと思います。一般読者向けの本を専門家に方に書いていただくというものがメインなので専門家が書く原稿を一般読者に届けるためのチェックが出来る方。

    契約スタッフの先は常駐スタッフは企画段階から関わることになりますが、売れそうな本のアイデアは不要です。必要な本、作るべき本を提案できる方。

    と、いろいろと条件が厳しいですが、報酬はレベニュー契約なので売れなければ報酬はほぼ無いという可能性もあります。ギャンブルです。やはり本を作ることに興味があり、可能性があると考える方でないと難しいとは思います。

    以下、具体的な条件などを続けます。最初はプロジェクト単位の契約スタッフからです。

     

    契約スタッフ

    プロジェクトごとの契約です。まず最初は何かのプロジェクトに参加してただくことからスタートし、その後はslackに契約スタッフとして登録、slackを介してプロジェクトのお知らせなどをしますので、やってみたいプロジェクトに挙手するというやり方です。

    契約とお金に関すること

    1. 1冊でひとつのプロジェクトです。作りたいという本に参加する式です。
    2. レベニュー契約です。編集スタッフは売り上げの5%で発売から3~5年までです。
    3. 拘束期間は編集スタッフは三ヶ月、初稿が出て確定までに、数回不定期に原稿を読み、チェックする仕事が入ります。
    4. 文字校正的なことよりもターゲットにしている読者にとって届くものであるかというチェックが主です。

    👉 著者の問題で最終段階で出せなくなるリスクも(小さいですが)あります。拘束期間は三ヶ月ですが、仕事の実働時間は、例えば10万字くらいの原稿を読んで適切なコメントをつけられれば、その時間だけです。著者と原稿のコメントを介してキャッチボールをしますので、そのキャッチボールが最低でも3回ぐらい、多ければ10回以上あります。1回の原稿チェックが3時間で終わるなら、5往復なら実働15時間です。

    👉 1冊の本で平均300円くらいの売り上げが入ります。5%だと1冊あたり15円くらい。100部は最初の目標、1000部は越えたい壁、5000部はかなり難しいというのが現実です。もちろん十万部売れる可能性はあるわけですが。

    👉 期限は最初は3年、最大5年になります。仕事のパフォーマンス次第です。

    条件

    • プロジェクトの本に関する基本的な知識を自ら探し身につけることができる。
    • 原稿を読み適切なコメントをつけられる。
    • 期限を守る、連絡をするという基本的なことができること。
    • Google Drive、slackを使うことができる。

    👉 基本的なことはオリジナルの説明マニュアルがありますが、その先は地力でやっていただきます。

     

    常駐スタッフ

    契約スタッフを経て常駐スタッフとなることもできます。slackの常駐スタッフ用チャンネルで企画段階からあれこれと議論をしたりということになります。企画を出して、話し合い、GOとなったら著者にコンタクトし、プロジェクトに必要な人を集め、出版まで関わります。企画のテーマに関する論文を読んだりということも必要になってきます。

    👉 原則として、最初は契約スタッフから始めていただきます。

    契約とお金に関すること

    ・契約の期限(5年)が外れます。

    条件

    • 本の企画をたて、関連論文を読み、著者にコンタクトできる。
    • KDPの概要の理解が必要です。
    • 自費出版会社に英語で問い合わせができる。
    • 基本的なePub、ワードでの(製本前提の)テキスト整形ができる。

    私どもは、企画から出版まですべて自前でやっていますので、すべての工程で必要な作業が、最低限クリアしないといけないレベルでできる、ということが、常駐スタッフの条件になります。ePub、テキスト整形は、超基本的なもので大丈夫です。基本的なやり方はお教えします。常駐スタッフの方から、将来的には売り上げをシェアしながら方向性を考えるビジネスパートナーとしてやっていただける方を、2020年代前半に、あと2人確保できればと考えています。

     

    原稿チェッカー

    試験的な募集です。原稿と原稿に関する関連文献、論文などをお読みいただいた上で、主に、査読、校閲的な、原稿に誤りがないかというチェックをやっていただきます。文字表記などの誤りや、読者に対して十分な説明となっているかという視点からコメントも期待されていますが、必須ではありません。これはレベニュー契約ではなく、1回(10万字まで)5000円~というギャランティー契約を考えています。専門領域(言語周辺)の修士、博士号をお持ちであることが条件です。

     

    プロモーションスタッフ

    現在、英語圏のプロモーションスタッフを募集しています。ロイヤリティは3~5%です。できれば担当言語のネイティブのほうがいいのかなと思いますが、そうでなくてもかまいません。

    契約期間は1年で、売り上げ成績によって更新します。前年と同等か同等以上の売上げであれば原則として契約継続、という形です。

    期ごとのレポート(営業計画の提出)の他には、特にルーティーンはありません。リアル書店での販売はないので、基本、SNSやネットを活用しての宣伝、広告が主です。売上げをみて契約更新という形ですが、できれば長期的に一緒にやれる方がいたらいいなと考えています。

    宣伝、広告、営業の仕事の基本的な仕事は、私達の本が存在していると広く知ってもらうことだと考えています。フェアにやります。売るために余計な「効能」をうたうことも不要です。SNSでブランディングをして!バズらせて!みたいなことも不要です。派手じゃなくていいので、地道にコツコツやってくださる方、誰もやっていない新しい方法を、一緒に考えて模索してくださる方、を募集しています。

     


     

    お申し込みはこちらのフォームからお願いします。

     


     

    このページに関するご質問などがある場合は、Contactからお送りください。

    webjapanese及びwebjapanesebooks代表 荒牧浩太