Jobs

We are a freelance group that deals with publishing and not a corporate organization.
Our projects will be formed on a one project per book basis.

In addition to our main editorial staff, we have designers, translators, and narrators who are on royalty contract. We make books at low cost, then publish ebooks and paper editions in the U.S., Europe and other regions through online bookstores such as Amazon. We are a new type of publishing group that sells books that are related to Japan or Japanese language abroad.

Our projects are based on a self-supporting system and each individual will be paid by the job. (We will pay for the necessary costs for publishing.) Authors, translators and all other staff are based on revenue sharing, not on a consignment contract. We will draw up a contract when a project is approved. When all the relevant staff agree and sign a contract, the project begins.

You will be working in the online virtual office most of the time. Therefore, please note that we can only consider your application if you have good computer and online experience.
Please contact us for more details.

The rest of the information is written in Japanese.
(仕事では、以降の日本語の文章が読める日本語能力が求められます。仕事はネットを介したTexingだけです。書くのは英語でも大丈夫です)

 


 

 

スタッフ募集 概要

私たちは、webjapanese.com という日本語学習者のためのサイト運営及び、日本語教師の派遣、及び日本語教材の出版グループです。2010年から主に日本語学習者向けの教材やエッセイの本を製作しアメリカの自費出版会社を経由して海外のアマゾンなどのストア(米英その他欧州。来年から日本でも)で販売しています。法人ではありません。フリーランスの集まりです。

日本だけでなく海外のアマゾンにも並びますので、海外の読者もターゲットにした本作りをしています。日本語だけで出す本もありますが、常に海外の読者にも読んでもらえるような本であることを意識して作っていきます。国、言語、年齢を問わず、読んだ人がまた次の本を読みたくなるような、読者の好奇心を開拓できる本を作りたいと考えています。

 

日本以外の国もターゲットです

アマゾンの電子書籍は、現在、言語は英語、日本語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、フランス語、ポルトガル語、オランダ語に対応しています。他の言語は、別のストア(Luluなど)で出すこともできます。印刷版ではどんな言語でも出すことができます。

並ぶストアは、日本、インド、米国、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、オランダ、ブラジル、カナダ、メキシコ、オーストラリアです。基本的に英語か日本語で出すことを前提に企画をたて、売上げがあれば、多言語に展開していくことにしています。最初からこれは英語とスペイン語では作ろう、とか、これは中国語版を作るという前提で始めることもあります。

電子書籍でも印刷版の本でも一旦出せば、上の各国のストアにはすべて並びます。英語の本は米アマゾンの売上げがほとんどで、次に豪アマゾン、加、英アマゾン、欧州で少し売れて、年に数冊、メキシコやインドでも売れる、というところです。日本語の本も、豪アマゾンなどで売れることもあります。電子はもちろん、印刷版も、自分の国のアマゾンストア経由で買えば、その国の送料のルールで発送されるので、日本から取り寄せるより確実に安く読者に届けることができます。

👉 2011年に、観光用日本語会話集の本を、2013年に、同中国語版を発売。現在に至るまでご好評をいただき、発売後数年は、米アマゾンのジャンル別(日本語学習、日本の観光関連ジャンル)ランキングで1位になりました。自費出版グループにはいろいろと限界もありますが、可能性もあります。

 

初期コストが少ない

電子書籍やプリントオンデマンドで出版するのは初期コストがほとんどかかりません。この身軽さは、作りたい本があり、一般読者に広く読んで欲しい本を出版したいと考えた時に、最大の武器になります。そこで、本の製作に関わる人達は、もちろん私達も含め、売上げがあれば報酬を得られるという形で契約をして、1冊ごとにプロジェクトを組み、その本を作ってみたい、出す価値がある、可能性がある、そしてもちろん売れる見込みがあり、仕事の対価を回収できる見込みがあると考えた人達が参加して本を作る、という形をとっています。

1998年からウェブで日本語の教材を作ってきましたので、書籍に必要な画像や音声ファイルは私たちで制作しています。ウェブでのサポート(画像、動画を駆使したウェブで出来るいろんな仕掛け等々)は私どもの得意分野だと思います。紙の本、電子、Web版を同時に作り、それぞれの強みを生かして、かつCCのライセンスで配布、という試みもやっています。出版と共にウェブとの連動でこういう展開をしたいという企画などもお寄せ下さい。(教材の場合、必要な音声制作は私どもの負担で作ります。動画もご協力いただければ作ります)

装丁やイラスト、音声はギャランティー対応であることが多いです。また翻訳者の方もギャランティーとロイヤリティーの組み合わせの契約です、その他のスタッフは、版元である私共も含め、原則として、すべて、ギャランティー無し、ロイヤリティのみでの契約です。ロイヤリティは本の定価から私達に入ってくるお金を100として、その%で決めます。著者は30%前後で、私どもが30~50%程度、あとは関わったスタッフでシェアするという形です。

 

透明性

作品の権利は著者にあり、私どもは販売権を最初の5年間は独占的に所持しますが、その後は更新契約です。著者のみが出版後5年を経過すればすべての権利を買い取ることができます。

イラストや装丁などグラフィックをお願いする方には、著作権は著作者のままで書籍での利用の権利だけをお願いするという契約になっています。

もちろん著者だけでなく、スタッフとして仕事をする、あるいは翻訳者として登録する際に自己負担などは一切ありません。提供していただくのは時間のみです。

まずは著者をはじめすべての参加者が契約書を交わしスタートという形式です。売上げは、電子書籍も印刷本もアマゾンが提供するプロジェクトページで報告されますので、その売上げデータを添付して、報告、お支払いをします。契約者は、希望があれば、プロジェクトページの売上げアカウントを閲覧することができることになっていますので、部数や売上の透明性は100%確保されています(売上げが記録、報告されないルートでの販売はいたしません)。

 

「編集長」システム

小説やエッセイなどを除き、原則として私達が作る本は、プロデューサー兼編集者である「編集長」を軸に作っていこうと考えています。編集長は作るジャンルの本に関して専門的な知識をもち、良質な本を作ることに専念していただく。私達は、その編集長をサポートする仕事をします。本を書きたい人、出したい人も募集していますが、その前に本を作りたい人を募集し、本を作りたい人と共に書き手を探します。(本を作りたい人のほうが圧倒的に少なく貴重なのです)。

具体的にどういう立場でどういう条件で仕事をするのかは、次の募集のパートで書きます。

👉 編集部発信で本の企画をすることもありますが、今後はなるべく編集長システムを通じて、なるべく専門家のフィルターを通して本を作っていこうと考えています。

 


 

 

募集しているポジションなど

 

編集長(プロデューサー件編集者)

現在、お一人編集長という立場でお願いしている方がいます。あと二人まで増員可能かなと考えています。今のところは日本語、言語学、その周辺、というところでしょうか。しかし国外の読者にむけてこういうものを作りたいということがあればお知らせください。

編集長に必要な専門性

本を作り世界中のアマゾンで売るということが面白いと思う方であれば、経験なども不問です。ただし作る本に関する専門的知識が必要です。そしてそれをきちんと専門家でない人にも説明できることが最も大事だと考えています。専門家と読者の橋渡しができる人です。少なくとも担当ジャンルでは、修士以上の方、できれば博士をお持ちの方が望ましいです。私達なりに考えた、おかしな本を作らないためのひとつの方法です。

企画をたて、必要な著者をリストアップし交渉し、原稿を依頼しその原稿を本にするまで、すべてを担当します。作りたい本のために著者を探し、原稿を依頼し、完成までを担当しますから、交渉したりスケジュールを仕切ったりという能力も必要になってくると思います。基本的にネットを介してやりますのでLINEやメールでのやり取りはありますが、お会いして会議をするようなことはないので、時間的な拘束はほぼありません。

また、もちろん、出版までに必要なサポートは私達がやります。「これ、一般読者には難しいんじゃないのかな?」というようなチェックは得意です。

👉 
私達は編集長など専門知識があるスタッフを「サ読編集者」、読者にとってどうかなというチェックをする人を「シ読編集者」と読んでいます。「サ読」は査読ほど厳密なものではないけども学術的なチェックメインでやることです。厳密じゃないからカタカナの「サ」です。シ読は「素人が読んでも大丈夫かというチェック」という意味です。編集長にはサ読をしっかり担当していただき、私達はシ読をやるという役割分担です。サ読もシ読もとても大事なプロセスだと考えています。

原稿が完成すれば、基本的には作業は終わりです。可能ならSNSなどを活用して本の宣伝もやってくださるとうれしいなあというくらいです。

必要なスキルなど

また、すべての仕事をネット上で行いますので、日常的に、ネットで連絡が取れることはもちろん、原稿のやり取りで使うGoogleDriveの活用ができること、デジタル文書の扱いができる、あるいは覚えることができることが条件です。

国籍不問です。仕事は日本語で進めますが、日本語ネイティブでなくても、N2レベルの読みができれば大丈夫です。やり取りは、ほとんどTexingで、たまにスカイプで会議をするかどうか、なので、大事なのは「読み」です。書くのは英語でもOKです。従って、日本語ネイティブの方は、英語を辞書をひきながらでも読めることが条件になります。

編集長のロイヤリティは10%です。編集長というポジションでお仕事をしたいただく前に、この編集スタッフというポジションで一度経験をしていただくことがあります。仕事の重要度、負担によって上限15%まで設定します。

👉 著者の選定、本の企画など、ある程度の企画的な説明は最初にしていただきます。私達なりに調べて「これは大丈夫ですか?」というようなやり取りをしますが、きちんとエビデンスを示して説明してくだされば、よほど無茶なものでないかぎりGOサインは出します。制作が決まったら、本の製作に関してはほとんどのことを決めることができますが、最終的に出版するかどうかの判断は、私達に権限がある、ということにさせてください。

👉 プロジェクトによっては副編集長というスタッフも作ります。今年はじまる予定のProject Sabbaticaは、電子雑誌のプロジェクトなので編集長と副編集長の二人体制でまわす予定です。副編集長を探してきて二人でご参加でもかまいません。副編集長のロイヤリティはひとまず5%でスタート予定で上限は10%までと考えています。

 

営業スタッフ

原則として言語圏(英日中は簡体字圏、繁体字圏で合計4つ)ごとの契約で、ロイヤリティは5%です。電子書籍で500円ならば、300~350円が私達に入ってきますので、その5%です。宣伝はなかなか難しいジャンルです。できれば担当言語のネイティブのほうがいいのかなと思いますが、そうでなくてもかまいません。

契約期間は1年で、パフォーマンスによって更新します。原則として、前年と同等以上の売上げであれば契約継続、という形です。

日本語と英語、など兼任可能です。リアル書店での販売はないので、基本、SNSやネットを活用しての宣伝、広告が主ですが、モニター的な読者を探したり、イベントを企画したり、いろんな情報収集なども自主的にやれて、ネット時代の広告の形を共に模索してくださる方、きちんと報告してくださる方。売上げをみて契約更新という形ですが、できれば長期的に一緒にやれる方がいたらいいなと考えています。

 

その他

 

1)翻訳者の方

英語がメインですが、本の種類によってはアマゾンが対応している言語、すなわちスペイン語、ドイツ語、イタリア語、フランス語も募集しています。また日本語関連はベトナム語、中国語の翻訳版も作ることがあります。

説明のページが別途あります(要パスワード。上のフォームでお尋ねください)。

説明のページの目次です。

 

2)装丁、本の中のイラストを担当してくださる方

説明のページが別途あります(要パスワード。上のフォームでお尋ねください)。

説明のページの目次です。

 

3)著作や本の企画の持ち込み

基本的に、編集長発で企画を考え著者を探すのですが、企画持ち込みも可です。ただし著者、責任者が明確で、ある程度のコンセプトがハッキリしたものでないと難しいです。ご了承ください。

説明のページ が別途あります(要パスワード。上のフォームでお尋ねください)。

説明のページの目次です。

 


 

以上の件に関するお問い合わせは以下のフォームからお願いします。

webjapanese 代表 荒牧浩太
Mail : kouta アット マーク webjapanese.com

 


 

 

FAQ

□ プロジェクトの長さ、拘束時間

→ 原稿が揃えば、半年~1年で出版まではいけますが、企画段階からですと、本の種類によっては、数年かかることもあります。忙しい時期もあれば、原稿が出るまで何もない時期もあります。編集スタッフは、最も忙しい時で、数万字の原稿を一週間くらいでチェックする、というところでしょうか。こういう仕事をする時期が半月から一ヶ月あり、それが終わったら(次の校が来るまで、数ヶ月は待ち、ということがよくあります。会議は必要ならスカイプでする程度です。まとまっての会議なしで進むことのほうが多いと思います。スケジュールを守って、必要な時に必要なことをしていただければOKです。

□ 正式契約はいつ?

→プロジェクトがスタートした時点で編集スタッフ以外の方は契約書を交わします。まず条件を提示し、合意が得られたら契約を交わしプロジェクトをスタートするという手順です。ギャランティー契約の場合は、少額の場合は先払い、5万円以上の場合は半額以上を契約時に、残額を納品時にという契約が多いです。

 


 

2018年
webjapanese及びwebjapanesebooks代表
荒牧浩太