11 あなたの知らないバイリンガルの世界

日本語教師読本シリーズ < あなたの知らないバイリンガルの世界

 

基本情報
豊富な実例でわかりやすくバイリンガルについて解説。日本語教師、外国人児童を指導する小中高教師、二つの環境にいる子どもたちの養育中の方、またバイリンガルご自身など、バイリンガルについて知りたい方に。

呉 禧受(オヒス) 著

お買い求めは

📱 電子書籍版 780円(消費税込み)5~6 €(消費税込み)$5.99 4.99£ 

Amazon(日)で買う
→ 海外のアマゾンストアで買う:カナダ西オランダブラジルメキシコインド

電子書籍はアカウントをお持ちのアマゾンストアでご購入ください。ユーロ圏の価格は為替によって変動することがあります。米、英は消費税はありません。電子書籍は専用ハードがなくても携帯やタブレット、PC上で、アマゾン提供の無料のアプリで読めます。

 

📚 印刷版 1650円(税込み)9.20 €(+VAT) $9.99 7.99£

Amazon(日)で買う
→ 海外のアマゾンストアで買う:カナダ西

日本は印刷コストが割高で消費税も高めなので海外のほうが若干割安です。ユーロ圏は各国の消費税(VAT=Value Added Tax)がかかります。カナダ C$13.99(+税)、豪州はA$17.00(+税)です。日本以外の価格は為替によって変動します。

 

どんな本?

 二人のバイリンガルの子どもを育てた母親であり、自らもバイリンガルである著者が豊富な実例でわかりやすくバイリンガルについて解説。日本語教師、外国人児童を指導する小中高教師、二つの環境にいる子どもたちの養育中の方、またバイリンガルご自身など、バイリンガルについて知りたい方にぜひ読んでほしいです。

  • 「あの人はバイリンガル」どんな基準で言ってる?
  • 外国語が上手だからバイリンガル?
  • どの言語も中途半端になることってある?
  • バイリンガルの子どもは、頭の中でどう言語を使い分けているのか?
  • 子どもの母語は親が決めるのか?
  • いろいろな家庭の言語の教育の紹介
  • 多言語環境をどう作っていったらいいのか
  • 多文化環境。言語以外の違いの共存

著者紹介

呉 禧受(おひす)
名古屋大学 国際言語センター 非常勤講師
https://heesu.yoonlab.net/

👉 本書籍に関するお問い合わせはwebjapaneseのフォームからお知らせください。

 

中身を覗いてみよう
ここをクリックすると目次が出てきます!
目次
はじめに
本書の目的ーバイリンガルについての寛大で正しい理解を

1章 バイリンガル(Bilingual)とはそもそも何?
 1節 一般的に認識されているバイリンガル
  これまでのバイリンガルに対する認識
  バイリンガルの2言語習得の特徴
  モノリンガル中心の見解から抜け出す
  どんな人がバイリンガル?
  自分の言語能力を低く評価するバイリンガル
 2節 様々なバイリンガルの分類―言語能力による分類の危険性
  バランスバイリンガルと偏重バイリンガル
  産出バイリンガルと受容バイリンガル
  同時バイリンガルと継続バイリンガル
  緊急バイリンガル(Emergent Bilinguals)
  バイリンガルの特徴をセミリンガルと誤解しないために
  バイリンガルの言語能力の差―どうして生じるのか
  バイリンガルの言語能力をどう評価するか

2章 バイリンガルの言語使用の特徴
 1節 コードスイッチング(Code-Switching)について
  コードスイッチングを行う理由
  バイリンガル児童のコードスイッチング
  バイリンガル児童のコードスイッチングをどう指導するか
2節 バイリンガルは言葉をどもるの!?

3章 バイリンガル教育について考えてみましょう
  言語とは何か
 1節 私の家族とその周辺の話
  2言語またはそれ以上の言語に囲まれている子どもたち
  どうしてバイリンガルにならなければいけないか?―バイリンガルになる利点
  私の試行錯誤
 2節 One parent one languageの必要と可能性
  家族の状況と親の言語選択
 3節 トランスランゲージング(Translanguaging)
 4節バイリンガルに育てる環境作り 
  日本語教師としてできること
  親としてできること
  子どもの権利としてのバイリンガル教育

4章 バイカルチュラル(Bicultural)とは?
  文化とは何か
 1節  バイカルチュラルとは
 2節 バイリンガルとバイカルチュラル

5章 まとめ ~異文化理解を目指して~
 「当たり前」から抜け出す 言語と文化、そして異文化理解

👉 開く時にクリックしたところをもう一度クリックすると閉じることができます。

 

本編からちょっとだけ…

🗨 理想のバイリンガル

 人々が作り上げた「理想のバイリンガル」や「ダメなバイリンガル」の考え方によってバイリンガル自身が自分の言語能力に悩んだり自信が持てなかったりする場合が多々あります。実際に、「片方の言語はペラペラではない」ことや「文法や単語をよく間違える」ことを意識しすぎて、自身の言語能力をなかなか認めようとしないバイリンガルが多くいます。



🗨 ニューヨークのKさん
 研究のために1年あまり滞在していたニューヨークで何人かの韓国出身のバイリンガルに出会いました。4人家族の長女のKさんはアメリカで生まれ育ったとは考えられないほど韓国語が上手でした。看護師として働くKさんは上手な韓国語で私の5歳の娘とバービー人形で遊んでくれました。職場の病院では英語が不自由な韓国人の患者さんに韓国語で対応しているそうです。
 移民1世で朝から晩までクリーニング屋さんとデリーで働くKさんの両親は生活が忙しく、Kさんを韓国語学校に連れていくことができなかったそうです。韓国語や日本語補習校は通常土曜日に授業があります。Kさんのお母さんは、お店をやっていると…



🗨 **から来ました
 私たちはよく○○人という言い方をします。私は日本語教師という職業がら、日々様々な国から来た留学生と接するのですが、学期の初めは彼らの慣れない名前より○○人の学生という言い方の方がよりわかりやすい時があります。「○○の国の出身」は、すなわち「○○人」であると考えることがよくあるのです。
 以前、私が教える中級の日本語のクラスで、同じ国同士でその国の文化を調べて紹介する活動を行ったことがあります。国別にグループを作って作業を始めようとしたとき、


 

参考文献・資料

著者による参考文献のリストです。本編の巻末にも同じものがあります。オンラインで読めるものはURLがあります。

ここをクリックしてください
フランソワ グロジャン(2018)バイリンガルの世界へようこそ: 複数の言語を話すということ、勁草書房.
中島和子(なかじまかずこ) (2016) バイリンガル教育の方法: 12 歲までに親と教師ができること. アルク.
山本雅代 (やまもとまさよ)(2010) バイリンガル幼児ー「受容バイリンガル」 はどのように言語を使用しているか (特集 言語接触の世界)-(言語接触のなかに生きる人々). 日本語学, 29(14), pp. 170-182.
山本 雅代(やまもとまさよ)(2013)「受容バイリンガルの言語使用」『言語と文化』16、pp.37-46.
山本雅代(やまもとまさよ), 井狩幸男(いかりゆきお), 田浦秀幸(たうらひでゆき), 難波和彦(なんばかずひこ)(2014) バイリンガリズム入門. 大修館書店.
山本 雅代(やまもとまさよ)(2017)「受容バイリンガルの言語使用と言語環境:母親の言語使用の経年変化に焦点を絞って」『言語と文化』20、pp.17-31.
Baker, C.(2014) A Parents’ and Teachers’ Guide to Bilingualism: 4th Edition, Multilingual Matters.
Bloomfield, L. (1933) Language, New York: Henry Holt & Co.
Fishman, J. A. (1965) Who speaks what language to whom and when?. La linguistique, 1(Fasc. 2), 67-88.
Garcia, O. (2009a) Bilingual Education in the 21st Century: A Global Perspective,. Malden, MA: Wiley-Blackwell.
Garcia, O. (2009b) Emergent Bilinguals and TESOL: What’s in a Name? TESOL   Quarterly, 43(2), 322-326.
Garcia, O., Kleifgen J. (2010) Educating Emergent Bilinguals: Policies, Programs, and Practices for English Learners, Teachers College Press.
Grosjean, F. (1985) The bilingual as a competent but specific speaker-hearer. Journal of Multilingual and Multicultural Development, 6, 467-477.
Grosjean, F. (1989) Neurolinguists, beware! The bilingual is not two monolinguals in one person. Brain and language, 36(1), 3-15.
Grosjean, F., Miller, J. (1994) Going in and out of languages: An example of bilingual flexibility. Psychological Science, 5(4), 201-206.
Grosjean, F. (2008) Studying bilinguals, Oxford University Press.
Grosjean, F. (2012) Bilingual: Life and Reality, Harvard University Press.
Haugen, E. (1953) The Norwegian Language in America: A Study in Bilingual Behavior, 2 vols. Philadelphia, PA: University of Pennsylvania Press.
Landry, R., Allard, R. (1992) Ethnolinguistic vitality and bilingual development of minority group students. In W. Face, K. Jaspaert, & S. Kroon(Es.), Maintenance and Loss of Minority Languages (Studies in Bilingualism)(223-251), Amsterdam: John Benjamins.
Macnamara, J. (1967) Bilingualism in modern world, Journal of social issues 23.2 : 1-7.

【辞書】
Weblio国語辞典 https://www.weblio.jp/(2021年8月に閲覧).

👉 開く時にクリックしたところをもう一度クリックすると閉じることができます。


ここをクリックしてください
バトラー後藤 裕子(バトラーごとうゆうこ)(2003)『多言語社会の言語文化教育―英語を第二言語とする子どもへのアメリカ人教師たちの取り組み』くろしお出版.
Azuma, S. (1997) Lexical categories and code-switching: A study of Japanese/English code-switching in Japan. The Journal of the Association of Teachers of Japanese, 31 (2): 1-24.
Baker, C.(2006) Foundations of bilingual education and bilingualism, Multilingual Matters.
Baker, C. (2014) A parents’ and teachers’ guide to bilingualism: 4th Edition, Multilingual Matters.
Gumperz, J. (1982) Discourse strategies, Cambridge: Cambridge University Press.
Grosjean, F. (1989) Neurolinguists, beware! The bilingual is not two monolinguals in one person. Brain and language, 36(1), 3-15.
Grosjean, F. (2008) Studying bilinguals, Oxford University Press.
Grosjean, F. (2012) Bilingual: Life and reality, Harvard University Press.
Nishimura M.(1997) Japanese/English code-switching: Syntax and pragmatics(Berkeley Insights in Linguistics & Semiotics), Cambridge University Press.

 開く時にクリックしたところをもう一度クリックすると閉じることができます。


ここをクリックしてください

岩田祐子(いわたゆうこ)(2002) 「二言語による社会化-一親一言語方策と二言語使用」、 『教育研究』、(44)、国際基督教大学、pp.237-241.
奥野由紀子(おくのゆきこ)(2019)「ディスカッションの中でいかに思考の深化を促すか:上級における「貧困問題」をテーマとした実践」、第一回日本語プロフィシェンシー研究学会国際大会(第12回OP国際シンポジウム)パネルディスカッション、中国・大連.
加納なおみ(かのうなおみ)(2016)「トランス・ランゲージングと概念構築ーその関係と役割を考える」『母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究』12、pp.77-94.
朱晛淑(2005)「外国人児童の母語保持・育成に関わる要因-会話力テストの結果から」『言語文化と日本語教育』30号、お茶の水女子大学日本言語文化学研究会、pp.11-20.
福永由佳(ふくながゆか) (2014) 在日外国人の多言語使用に対するEthnolinguistic Vitality Theoryの適応可能性 : 在日パキスタン人の事例、『国立国語研究所論集8』、pp.33-50.
中島和子(なかじまかずこ)(2001)『バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること』、アルク.
Baker, C.(2006) Foundations of bilingual education and bilingualism, Multilingual Matters.
Baker, C.(2014) A Parents’ and Teachers’ Guide to Bilingualism: 4th Edition, Multilingual Matters.
Barron-Hauwaert, S.(2011) Language Strategies for Bilingual Families: The one-parent-language Approach (Parents’ and Teachers’ Guides Book 7).
Brothers, L.(1990) The social brain: A project for integrating primate behavior and europhysiology in a new domain, Concepts Neuroscience,1, 27–51.
Döpke, S.(1992) One parent one language: An interactional approach (Vol. 3). John Benjamins Publishing.
Fan, S. P., Liberman, Z., Keysar, B., Kinzler, K. D. (2015) The exposure advantage: Early exposure to a multilingual environment promotes effective communication, Psychological science, 26(7), 1090-1097.
García, O., Wei, L. (2014) Translanguaging: Language, bilingualism and education, Palgrave Pivot, London.
Landry, R., Allard, R. (1992) Ethnolinguistic vitality and bilingual development of minority group students. In W. Face, K. Jaspaert, & S. Kroon(Es.), Maintenance and Loss of Minority Languages (Studies in Bilingualism)(223-251), Amsterdam: John Benjamins.
Landry, R., Allard, R. (1994) Subjective Ethnolinguistic Vitality: A Comparison of Two Measures, International Journal of the Sociology of Language 94(108):117-144.
Lanza, E. (2004). Language mixing in infant bilinguals: A sociolinguistic perspective, Oxford: Oxford University Press.
Otheguy, R., García, O., Reid, W. (2015) Clarifying translanguaging and deconstructing named languages: A perspective from linguistics, Applied Linguistics Review, 6(3), 281-307.

【辞書】
『広辞苑(第6版)』(2008)岩波書店.

【ウェブサイト】
Multilingualism & Diversity Lectures 2017:「Ofelia García – Translanguaging」  
https://www.youtube.com/watch?v=5l1CcrRrck0(2021年8月に閲覧).

👉 開く時にクリックしたところをもう一度クリックすると閉じることができます。


ここをクリックしてください

難波和彦(なんばはるひこ)(2014)「第13章 バイカルチュラリズム」、山本雅代編著『バイリンガリズム入門』、大修館書店、pp.191-205.
フランソワ グロジャン(2018)『バイリンガルの世界へようこそ: 複数の言語を話すということ』、勁草書房.
Grosjean, F. (2008) Studying bilinguals, Oxford University Press.
Grosjean, F. (2012) Bilingual: Life and Reality, Harvard University Press.
Hong, Y. Y., Morris, M. W., Chiu, C. Y., Benet-Martinez, V. (2000) Multicultural minds: A dynamic constructivist approach to culture and cognition, American psychologist, 55(7), 709-720.

【ウェブサイト】
Harvard Business Review: 「The Costs of Code-Switching 」           
https://hbr.org/2019/11/the-costs-of-codeswitching(2021年8月に閲覧).
👉 開く時にクリックしたところをもう一度クリックすると閉じることができます。


ここをクリックしてください
原沢 伊都夫(2013)『異文化理解入門』研究社.

👉 開く時にクリックしたところをもう一度クリックすると閉じることができます。



▷ このシリーズには編集部責任編集のオマケの日本語教師読本Wikiがあります。テーマに応じた情報を随時追加&更新しています。


タグ , , , , , , . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。