34 マレー語話者に教える

  書籍の紹介   どこで買える?   どんな本? 「たとえば、マレーシアの語学学校には、日本語を教え始めたばかりの先生がいます。また、定年退職して日本語を教えている先生、ボランティアの先生もいます。また、国際交流基金の日本語専門家の日本からの派遣数も最多ですので、マレーシアは、ボランティアから専門家まで幅広く日本語教師が集まるところだということです。ということは、マレーシアで教えること、マレー語話者に教えることを考えることは、近い将来役立つ日が来る可能性が高いに違いありません。 (本文より)」 マレー語についての基本的な知識からマレー語話者の学習者の特徴、教え方、などを網羅した一冊です。今教えている方にもこれから教える方にも必携の一冊! マレー語はマレーシアだけでなく、インドネシア、シンガポール、ブルネイ、タイの南部でも話されている。 第二次世界大戦を経て変化する日本語教育の意味 マレー語話者も漢字は苦手、どう乗り越えるのか? 日本語と似ているけど、語順がちょっと違う。その法則とは マレーシアで日本語教師になる様々なルート     以下、本編からの一部抜粋です。   著者紹介…

Back to Top