日本語教育クラスタ_2024年

日本語教育クラスタ | 2022年 | 2023年 | 2024年 | みん日まつり

日本語教育クラスタ 2024年

24年は貼るだけになりそうです。このwikiは貼れば、元の投稿のテキストは残るので魚拓的な意味もあるかなと思います。24年以降は、日本語教師クラスタは中先生のサロン的な場所になってしまいそうな予感もします。「日本語学校の教師の皆さんにも、困ったもんですねえ」的な。。。

日本語教育の外に出ましょう。

日本語教育関係以外のアカウントのリスト

日本語関連の議論は日本語教育関係者以外のものが充実しています。

日本語関連のTogetterのまとめ

この日本語教育クラスタ は、問題があると思ったことは、正面から必要な文字数を使って書くというスタンスです。こういうこともあるだろうと考えた上でやっていますので、仕方ないことなんですが…

@Midogonpapa氏からはもう2010年代はじめからブロックされていますが、23年は新たにJojiSensei氏、 @Umineko1848氏、@rintarock1980氏からもブロックされたようです。このへんの引用や、12月のみん日まつりの記事などが理由になっていると思います。

X(Twitter)の仕様に詳しくない人のために補足をしますと、相手の投稿を読みたくないのならミュートで間に合います。ブロックは相手に自分の投稿を読ませないという機能があり、そのための方法という意味があり、引用して何かを言われることを拒否するという色合いが濃いものです。かつSNSではブロックされた人は、アカウント停止のリスクが高くなり、アルゴリズム的に投稿が他の一般の人に表示される頻度も下がるなどもろもろ不利益を受けることになります。

ちなみに私どもはスパム以外ブロックはしていません。誹謗中傷や暴言は例外としても1)、公開の場に投稿する以上は引き受けるべき責任があり、リスクも負う、当然、批判も受ける。間違いの指摘をされる状態にするためにも、すべての人が読める状況にしておくのがフェアだと考えるからです。もちろん、引用されることについても抗議をしたことはありません。パブリックな場所に投稿したものが引用して何かを語られることを拒否する権利などは無いと考えています。

ここでも引用については書いていますが、一応、補足しておきます。SNSには外部埋め込み機能があり、ネット上で引用されることにも同意していることになっています。引用では事前、事後の報告が必要ではないということも、発言、引用の自由を保障するうえで重要なことです。書いた人が明確で期日もあり、リンクもある、全文引用という国際的な引用ルールにのっとっています。SNSは、純粋に自分発信で書いているものは少なく、基本、世の中の出来事、メディアの報道はもちろん、SNS内外のあらゆることを「引用して」何かを書くメディアと言っても良いと思いますが、このようにSNSの外から引用されて何か書かれると過剰に反応されるのはよく理解できません。

というわけで、上記のアカウントの投稿は今後、みることは難しくなりました。

👉 私は仕事のアカウントと非公開のプライベートのアカウント(仕事のことは一切書かない連絡用)をそれぞれ持っていて、投稿の閲覧ではアカウントを切り替えなくてもいいように、同じリストを共有して両方でみていますが、わざわざこのプライベートの非公開アカを探してブロックしていた人もいるので、とにかくもう引用して何か書かれたくないんだろうと思います。

👉 私は90年代から2007年あたりまではサイトもSNSも日本語学習者相手で主に英語圏のネットにいたので、こういう日本的な空気にいつまでたっても慣れません。

シラバスの議論から逸脱して、もう教師がダメだとか、構造シラバス使う大学は程度が低い、みたいな話になってきていて、なんだかもうタガが外れたみたいな投稿ですが。前年末の「祭り」の続き的なものだろうということで、記録しました。



災害時に政治家が言いそうなことで、国際交流基金の日本語専門家のイイネもついています。

国際交流基金主催である模様。

2024年に行われたシンポジウムでは「これが分かればもう世界最先端の語学教師」としてAIに関するワークショップが行われたとのこと。講師はらいけんという人。 事前資料として配付されていたもの。

以下のような説明が書かれてあった。これまでAI関連であまり見たことがない説明。意味からの予測というニュアンスで書いてありますが。

言語モデルは、あるテキストの次に来る語句を予測することができます。例えば「私の好きな」という不完全なテキストがモデルに入力されたとしましょう。

私の好きな

言語モデルは、この次に「食べ物は」や「音楽は」のような言葉が来ることを予測して、適切な語句を付け足します。

私の好きな食べ物は

「食べ物は」を付け足したので、今度はその先を予測し、新たな語句でテキストを続けます。

私の好きな食べ物はカレー
私の好きな食べ物はカレーです。

このように、LLMは予測と拡張の作業を繰り返すことによって文章を生成します。


当日のワークショップの動画が公開されてました。

イイネ1000超えで注目されたから、ということもあるんでしょうけども、これまでも似たようなことは散々語られてきたと思います。しかし、多くの日本語教育関係者が引用して怒りを表明するみたいなことになってました。


しかし上の投稿はほぼすべて事実です。炎上ぎみになったのは、単に誰か行ったか、と口調の問題に過ぎないという気がしました。

  • 「副業」と書かれたのが気にくわない → 日本語教育の世界では、日本語教師+αで生き残る!はよく見ますし歓迎されているようです。こういう人にとって何が主で何が副かは人によるでしょう。
  • 時給2000~5000円 → オンラインで英語圏なら普通にあり得る金額ですし、準備が必要な仕事として、少なくとも高くはないです。
  • 資格必要なし → オンラインレッスンの登録は飽和状態になる前はほぼすべてのサービスで資格不要でした。これまでも今も国内で有資格マストだったのは国内の日本語学校だけです。地域の日本語教室など国内の日本語学校以外の認定日本語教育機関が有資格者マスト100%になる可能性は低い、日本語学校関係者から規制緩和の声の投稿があった際もスルーされてました。
  • 英語ができなくてもOK → 日本語学校の教師でベトナム語やネパール語ができる人はほとんどみないですから、媒介語ができなくてもOKはその通りでしょう。
  • 中級以上は日本語での会話中心 → 国内の日本語学校のほぼすべては日本語で日本語を教える手法ですし、プライベートレッスンなど媒介語を使った授業でさえ中級以降は日本語主体になるので、これもほぼ事実といっていいでしょう。
  • 「詳しくはDM」 → 詳しくはDMで、で仕事の斡旋をするのは基本NGだと思いますが、日本語教育関係者同士ではよく行われています。
  • 「ノマド」 → つい数年前は日本語教育関係者はよく使ってました。「日本語学校にこだわらない自由な働き方」という表現としてのノマドはよく見ました。
  • 友達になれる → 日本語教師が学生と食事に行ったとか休日にどこかに連れて行ったみたいな投稿はよく見ます。友達がこのくらいのことを言うのなら、よくあるんでしょう。これもつい数年前ですが、学習者との恋愛関係についてもOKという女性の投稿に多数日本語教育関係者のイイネがついてたこともありましたし、こういう男性の動画もありましたが、特に批判はされないままでした。

上の投稿には賛同する気はないですが、肩書き的に、日本語教育仲間というカンジでは無い「部外者」で、無名の人なので攻撃対象になったという要素もありそうです。間違いは無いと言っても良いですから、もしクラスタ内の有名人が同じことを、違う口調で投稿したら炎上どころか歓迎されるケースもある。という気がします。新資格の取得で苦労している最中だったので、イラッとしたというタイミングもあったかもしれませんが、2010年代後半に、似たようなこと言ってた関係者はいたと思います。日本語教育クラスタでは「これに怒るんなら、こっちはなぜスルーされるのか?」ということはよく起こります。よく言われる「何が語られるかより、誰が語るかが大事」みたいな傾向が強いような気がします。(私はよくないのはどちらかに偏ることで、どっちも大事で結局総合判断だと考えています)

こういう「そこら辺」みたいなことが未だによくわからないです。村の外の人はわからないけど、業界の人なら了解済みの何かがあるんでしょうか。「ご了承」というのは、どういう意味なんでしょうか。

…。「かっこいい」というのもよくわからないです。かっこいい?

2024年の空気の記録のひとつとして。サイトは https://usagi-dan.net/ でプロフにはYouTubeのチャンネルが https://www.youtube.com/@happytomotomo 紹介されてました。

国家資格化となってもセミナービジネスは続く模様。国家資格化の制度整備も今後の取得のプロセスでも日本語教育学会は深く関与している、ある種のインサイダーだと思いますが、会員は資格関連のビジネスに関してガイドラインなどはない?

👉 日本語教育能力検定試験から、大学関係者が対策本などに関与していたことはありますが、それは民間資格だった時代の資格です。線引きは?

もちろん、興味深い投稿もあります。

しかし、思ったほどイイネは伸びず(3日後で20)、日頃からデジタルの話が好きなデジタル応援団的な人のイイネがまったくつかないのは、日本語教育クラスタっぽいという気がします。

1月に作られたとあるアカウントが2月下旬、猛烈な勢いで投稿をしはじめました。プロフに職場の住所と電話番号を置き、誰かれかまわず引用やリプを、尋常ではないペースで、X社から警告を受けるまで行うというものでした。2月26日の時点で続いています。これはXの仕様上、ただフォローしただけでは見えにくく、ホーム画面で返信込みでみないとわからないことになっていますから、一般の人は気づきにくいです。しかし、おかしいなと察知できる人はいると思います。

同時にここ数年の大学から民間の学校に移った経緯なども投稿されていました。私は、心身共に危険な状態なのではと感じ、幸いフォローされてないので、周辺の人の目に入ればOKということで「知り合いのかたは1度会って話しをして、専門家の管理下にないなら繋げるなどの処置が必要では」という主旨の投稿をしました2)。この件は、面識がある人が、本人と直接会い、専門家との間で解決するしかないではという気がします。難しい問題ですが。

というわけで、以降、氏の投稿についても、アカウントについても、触れません。適切な対応がなされることを願ってます。

国際交流基金の日本語教室では、作文はもうAIで文を均して提出すればいい、ということになっている模様。

無理があっても先んじて活用していると言いたくて検証なしでも「飛ばし気味でやる」ということなんでしょうか。しかし、何かを言うと「デジタルに否定的な人認定」されて終わりなのは分かっているので、もう誰も何も言わずスルーするということになってます。

なんとなくですが、23年12月のみん日まつり以降、参照枠準拠と言っていた人達がトーンダウンしつつあるような気がします。とはいえ、「間違った」とか「勉強したら考えを改めた」というものではなく、「本気で『準拠』とか言ってたわけじゃないよ~」とジワジワ修正してるというかんじです。SNSでは、こういうことはよくあって、ひとまず「自分歴史修正主義」と名付けてみます。

おそらく世界中の語学教師のほぼすべてはなんらかの語彙コントロールをしていると思います。何をどう考えたら、こういう結論になるのか、全然わかりません。

2024年4月4日に調査結果が発表されました。

一年前の経緯はここに あります。

これも引用元は1000イイネ超えの投稿で、日本語教育関係者に見つかり、リプや引用RTが増えた。リプや引用につくイイネも多かった。

しかし、やはり話題にするなら、一週間くらい時間をおいて(リプとか引用rtとか、繋げるのではなく) 新規の投稿で元投稿には触れず、少し切り口を変えるなどして「これは、こういう考え方がいいのでは?」と別の話題として書くくらいがいいのでは?という気がします。

結果として、勉強中みたいな人を、多数の人が見てる前で吊るし上げるみたいなことになる(このケースでもそうなりかけていた)のも良くないし、エアリプだと、身内の話題のためのツマミとして利用している感があります。こういう案件は、エアリプでも当事者の目に入ることはあります。今回はそれも多かった。きちんと展開して書いた人はほとんどおらず、パッと「これはこうだよね」と書いて終わり。常に、こういうことに耐えられる人かどうかわかりませんから、やらないほうがいいのではと感じます。(大丈夫そうでもダメージを受けているということもある)

もっともまずいのは、勉強中の人はもちろん、経験者も、日本語の具体的なことをネットに投稿するの止めよう、となることです。これだけアレコレ言われる例を目にしてしまうと。

クロードな場所で、匿名でやったほうがいいのでは、とこれを作ってみたんですが、基本、間違ったこと言ってなんか言われたらイヤだ、という空気が濃厚な気がします。多分、匿名であってもあまり変わらないのかもしれません。難しいなと思います。SNSで何を書いても2週間もすれば忘れられ、仕様上、検索してもほぼ出てこないものになってしまうので、何かノウハウや知恵を蓄積する方法を考えたほうがいいと思うんですが。

この時期、日本語学校関係者の国の方針(参照枠)に対応するために、みん日ではないCando的な教材にして、授業設計もそれに準拠する、ということが起きているという投稿が増えました。

以下は典型的なもので、みん日は古いものとして「駆逐された」とあり、「新法案に則り」と、明らかに国の意向が強く働いていると示唆されているのも象徴的。

しかし、10年後には今回駆逐した側の人達も「CEFRみたいな古い概念3)でうまくいくと考える古い人達」として「いまどきCandoなんかで構成されてる教科書」と共に業界から「駆逐される」かもしれません。みん日と共に駆逐された教師達に対する今のSNSの冷ややかな空気をみていると、簡単にそうなるのではという気がしてきます。結果が出ずに競争で淘汰されたわけでもなく、国の方針が変わるだけでそうなるわけですから。いろどりは特定技能の予算で作られているので就労関係の政策が方針転換になったら終わりですし。

👉 上の投稿、すぐに基金の関係者によってRTされてましたが、翌日には投稿は削除されてました。

これ、民間の出版社が作った教材に官製の教材への揶揄が載ってるんならいいかもしれませんが、逆ですからね。普通じゃないですが、もう業界ではスルーされるようになってます。

JF日本語教育スタンダード準拠ロールプレイテスト」用に作られたものらしい。

https://www.jfstandard.jpf.go.jp/pdf/roleplay/JFS-RPT-cards-EN.pdf

念のため保存したもの

作成者は、【開発】 磯村一弘、押尾和美、長坂水晶、藤長かおる、 松井孝浩(日本語国際センター専任講師)、関崎友愛(日本語国際センター元専任講師)とありました。

JF日本語教育スタンダード準拠 ロールプレイテスト テスター用マニュアル2014 年 7月 暫定版 発行2014 年 10月 初版第一刷 発行2016 年 3月 第二版第一刷 発行2023年12月 第三版第一刷 発行 https://www.jfstandard.jpf.go.jp/pdf/roleplay/JFS_roleplaytest_manual_20231211.pdf

こういう投稿がありました。昔からあるテーマです。いろんな興味深い反応があり、眺めてました。


これに対し日本語能力試験の関係者でもある基金の日本語上級専門家の引用RTは、残念なものでした。

元の投稿は「JLPTのN1の問題を見て」と明確に書いてあるので問題集のことである可能性は薄い。試験の関係者として、自分の仕事に向けられた学習者の言葉の可能性があるならば、まずは試験の問題に対してものかな?受けとめるのが常識的な態度であると思います。しかし、これは残念ながら、そうではない。この投稿に元投稿の方は「その可能性はありますね」と親切にも返信されてますが、それに対する返信はしないまま。

おそらく、日本語教育の世界には、ものすごく古い形の民間蔑視的な空気があり、基金の人達への謎のリスペクトもそういう理由があるんじゃないかと思います。他の業界だったら、税金で生活している人達が自らの仕事の質について言及されたかもしれないことに「それ民間の奴らがやったことじゃないの」みたいな対応をすることは、不誠実だと批判されると思います。こういうこと、日本語教育の村の中だけにいるとだんだん気づかなくなるんだろうと思います。

過去問問題については、日本語能力試験 [日本語教師読本Wiki] も参考にしてください。

この書籍はともかく「CEFRを理解・解説・批判(的受容)しようとする動向」は日本語教育の世界にはこれまでもまったく無かったし、今もまったくないのでは。欧州のる欧州の日本語教師会におけるCEFRの受けとめも、その後の動きも西山氏には度々批判されてますし。 日本語教育の参照枠(2021)が決まるまで




| このWikiについて | Archive | About us |

© 2018 webjapanese.com


1)
私どもは2018年にX(Twitter)上の被害者として警察に相談し情報開示請求を行うみたいなことでした。も経験しています。当時、起きたことをまとめてブログでも公開していましたが、このブログや投稿をRTした人にも中傷が及ぶことになり、ブログは削除しました。
2)
1000インプレまで待った後、投稿は削除しました本人の目に入らないほうがいいと思ったので。イイネなどはしにくい投稿ですし、彼がフォローしやり取りをしている日本語教育関係者とはほぼやり取りがないこともあり、目に入らない可能性は高いと考えました
3)
実際参照枠は2001年のCEFRの日本語訳をそのまま使ったものなので2024年の時点では23年前のものですから10年後は30年以上前のものになります