03 日本語学校の選び方

日本語教師読本シリーズ < 日本語学校の選び方

 

基本情報
どういう交渉が可能か、通報はどこにすればいいのか、を働き方改革で作られた新しい法律を元に整理していきます。日本語学校への就職を考えている職員の方や日本語教師以外の講師稼業の方々にも!

webjapanese編集部 著

お買い求めは

→ 電子書籍版 650円

Amazon(日)で買う

◇ 海外在住の方は、西カナダブラジルメキシコインドのアマゾンのストアで買うことができます。

👉 電子書籍は専用ハードがなくても携帯やタブレット、PC上で、アマゾン提供の無料のアプリで読めます。詳しくはアマゾンのヘルプをご覧ください。

 

→ 印刷版 1650円(税込み)

Amazon(日)で買う

◇ 海外在住の方は、西カナダのアマゾンのストアで買うことができます。

 

どんな本?

この「日本語学校の選び方」は「いい日本語教育機関とは、まず法律を守るところだ」という考え方が基本になっています。教育熱心であるとか、先進的な取り組みをしている、みたいなことを評価するのは、その後でいいという考え方です。そして、働く職場がしっかり法律を守っているかを見極めることができる「手強い日本語教師」になろう、というのがこの本の目的です。日本語教師に限らず、職員として就職を考えている方々、日本語教師以外の講師稼業の人にも「学校」で働くならば知っておくべき基本的な法律を知る本として、困ったときに調べるレファレンスとして、活用してください。

日本語教師の働く場所を良くしていくためには、日本語教育に関わる企業はもちろん、日本語教育関係者自身が労働関連の法律に詳しくなることが第一歩です。この本が多くの日本語教師に手に渡り、一人でも多くの日本語教師が救われ、日本語教育業界の働き方改革のきっかけになることを願っています。

  • 日本語学校は法律上の「学校」なのか?
  • 日本語学校の35のチェックポイント
  • 求人で気をつけること
  • 問題が多い「コマ給」
  • 雇用契約をしっかり見よう
  • 仕事をはじめたら確認すべきこと
  • 5年非正規なら法的に社員への道がある。
  • 「働き方改革」で決まったことは強力な武器になる。
  • 辞める時の注意点。

著者紹介

webjapanese編集部

 

中身を覗いてみよう
ここをクリックすると目次が出てきます!
目次
1章 日本語教育機関の姿

□ 日本語学校をめぐる法律や規制

 「学校」の区分 様々な規制と省庁

□ 日本語教育推進法

 告示(法務省&文科省) 日本語教師の資格 業界関連組織に
 よる自主規制など 進む情報公開 日本語教育の10の重要なサイト

2章 日本語学校の35のチェックポイント

□ 基本

 1)告示か否か 2)定員充足率 3)適正校 4)顧客への情報公開

□ 求人

 5)求人に十分な情報があるか 6)若者雇用促進法 7)業務委託契約という罠 8)コマ給より時間給 
 9) 教案の作成は労働時間に含めるべきも 10)退職金はあるか? 11)就職差別 12)海外の求人は安くても仕方がない?

□ 職業を斡旋、紹介する人達

 13)基本的な理解 14)職業紹介、斡旋、求人の最低限のモラルとは? 15)危うい個人情報管理 
 16)日本語教師にキャリア設計は可能か?

□ 採用後

 17)労働条件通知書 18)就業規則 19)36(サブロク)協定 20)教材の違法コピー 21)違法な研修  
 22) タイムカードが無い? 23)社会保険の加入 24)無期転換ルール 25)残業代未払い  26)固定残業代制の場合 
 27)ハラスメント、その他

□ 日本語を教える力に関するもの

 28)専門学校と大学への進学率 29)能試の合格率 30)ST比 31)日本語教師養成講座

□ その他

 32)教材を自費で購入させる学校? 33)学生の管理

□ ブラックボックス

 34)学生を違法に集めていないか 35)セミナー・勉強会という名の…

3章 その他

□ 学校独自の教え方、教材がある

□ 評判とは

 いい人問題 口コミサイト

□ 告示校ではない日本語教育機関

 国内の日本語教育機関 海外の日本語教育機関 今後の展望

4章 どう対処する?

□ 通報&告発する際の注意点

 勇気 法的な確認 証拠が重要 通報先は複数で SNSで告発?

□ 省庁の窓口など

 文部科学省 文化庁 入管 厚労省 消費者庁

□ 弁護士系

□ いわゆる士業の人達

 司法書士 行政書士 社会保険労務士(社労士)

□ 組合系 □ 学生の問題 □ 政治家に □ メディアに □ 国際機関、大使館など □ 国による情報公開……138

□ 会社を去る時

 会社を辞める 退職を強要された時 辞めさせてもらえない 早めに法的な対処の準備を
👉 開く時にクリックしたところをもう一度クリックすると閉じることができます。

 

本編からちょっとだけ…

🗨 コマ給より時間給
2016年から働き方改革の流れで、新たにこれまで曖昧だった準備や勉強の時間が労働時間であると明確に認められるようになりそうです。

以下の項目は、厚生労働省が、教育関連の職場ですべてきちんと仕事として時間をカウントしなければならないとした仕事です。

授業の準備、片付け、生徒からの質問・相談対応、テスト監督・採点、報告書作成、スケジュール作成・管理、システム入力、ミーティング、テキスト等作成、生徒・保護者との面談、保護者への連絡、販売促進活動、講師研修、朝礼・終礼、生徒の出迎え・見送り、清掃、戸締まり 等…



🗨 無期転換ルール
労働契約に転換しなければならない」というものですから、これは権利を行使するために教師自身が行動を起こす必要があります。日本語教師不足が叫ばれるようになったのは2015年前後ですから、15年以降は専任も非常勤も雇用が安定していた可能性がありますから、2020年代はこの無期転換の権利を持つようになる非常勤は増えると思われます。

申し込みができる条件

1)2回以上有期労働契約を締結(更新)している
2)その期間が通算5年を超えている



🗨 ハラスメント
具体的には

1)身体的な攻撃 : 暴行・傷害
2)精神的な攻撃 : 脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言
3)人間関係からの切り離し : 隔離・仲間外し・無視


 

参考文献・資料

参考文献や関連資料はこの本の著者でもあるwebjapanese編集部制作の日本語教師読本Wikiの「日本語教育関連」「労働法関連」「著作権・肖像権」「様々な問題への対処」をご覧ください。


▷ このシリーズには編集部責任編集のオマケの日本語教師読本Wikiがあります。テーマに応じた情報を随時追加&更新しています。


タグ , , , . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。