日本語学習者を対象にした試験 >

基本データ

正式名称:日本語 NAT-TEST
主催:専門教育出版

開始年:2014年
受験者数:毎回1万人程度
実施頻度:年6回、偶数月
実施国:日本、中国ベトナム、ネパール、ミャンマー、インドネシア、スリランカ、モンゴル、カンボジア、バングラデシュ、フィリピン、インドとアジアだけ。
試験の形式:マークシート、能試準拠
作問:契約社員?
レベル認定:能試準拠
費用:5000円
サイト: http://www.nat-test.com/

 

備考

形式はJ-TESTと同じく能試のプレテスト的なもの。能試と同じ5段階です。Nihongo Achievement Test(日本語学力テスト)とのこと。FAQでは、日本語能力試験と同じ出題基準だと書いてある。自社の教材で勉強しろという回答もありました。

パンフには

【日本語 NAT-TEST からのお願い】. 日本語 NAT-TEST は不正を絶対に許しません。もし、あなたが不正を行っている人を見たり、噂を聞いたりしたら、 専門教育出版に連絡してください。匿名でも構いません。

という一文が。不正管理はあまりやっていない様子。

👉 専門教育出版は長く法務省の告示校の政府刊行物を作っていたところ、日本語教材が少しと、日本語学校のコンサルティングもやっている。代表者はJaLSAの役員をしていたと記憶しています。

👉 2017年に修士が条件、年収400万程度、で作問の人を募集してました。

関連研究・論文

 

φ(.. )

👉 Wikiにお寄せいただいた情報を転載します。

 

https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0/deed.ja
 
掲示板日本語教師読本 Wikiについて

日本語教師 Wikiクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンス、運営者はwebjapanese.comです。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS